コンディショナーの役割と正しい使い方

コンディショナーの役割と正しい使い方

コンディショナーは名のとおり、髪の毛のコンディションを整えるための薬剤です。

これは、あくまでも髪の毛のための商品ですので、当然、髪の毛の健康に良い成分でできています。

コンディショナーを使用するにあたって注意しなければならないのは、シャンプーのように、髪の毛に刷り込むようにしてつけてはいけないことです。

このような使い方をすると、 コンディショナーを髪の根元までつけている可能性が大きいため、せっかくキレイにシャンプーで洗われた毛根がコンディショナーで埋まってしまい、逆効果となるからです。

育毛シャンプーとコンディショナーを一緒に使うときは、コンディショナーを髪の根元につけないように気をつけながら、髪の毛に刷り込みましょう。

また、髪のダメージは、紫外線に当たりやすい毛先に集中していますので、毛先を中心につけるのが効果的です。

コンディショナーを正しく使えば、育毛シャンプーの効果を損なうことなく、髪の毛のコンディションを整えることができます。

アートネイチャーblank

 

サイトマップ

ストップロス